東北旅行 その3 磐梯吾妻スカイライン

 郡山市で鉱物産地を探索したあと、磐梯吾妻スカイラインを走り浄土平へ向かう。

 

aquamemory.hatenablog.jp

 

 

道中のつばくろ谷は紅葉のピーク。

土日や休日はさぞ混雑するのだろう。

 

 

車を走らせて浄土平へ。

レストハウスに車を停めて周囲を観光。

 

吾妻小富士という山を登る。

 

登ると火口の淵に出て、火口の周りを一周できる。

 

日本とは思えない光景。

道を走っている車と比べると、スケールの大きさに圧倒される。

 

火口を一周しようとしたが、この日は風がとても強く

写真の山になっているところからは身体が吹き飛ばされるくらいの強風が吹いており、身動きが取れなくなってしまった。

地面が砂なので足の踏ん張りが効かず、身体を起こせば風圧で崖側に押される。

しゃがみ込みながら、なんとか山を下って生還。

まさかこんな観光地化されたところで命の危険を感じるとは思わなかった。本当に。

 


福島県 浄土平

 

レストハウスでコーヒーを飲んで一休憩。

小富士の強風で死ぬ思いをし、突風で閉まった車の扉に足を挟んで痛みを負いつつ

浄土平から逃げた。を出発。

 

 浄土平を出てからのスカイラインの景色は紅葉と夕日が相まって真っ赤。

 

 

スカイラインを抜けてレークラインに入った頃には、すっかり日が沈んでいた。

このレークラインは比較的直線の道が多く、カーブもそれほど急ではない。

電灯も無いので真っ暗な道だが、とても走りやすく、運転していてとても楽しめるコースだった。

そのまま猪苗代湖周辺のホテルで泊まり、翌日は地元民しか知らないような山道を経由しつつ、東京へと帰還した。

 

今回の旅行の反省点は、奥只見旅行を詰め込んだ事で東京へ戻る必要があり、

東京から福島を往復してしまった事だ。

この移動が無ければ、宮城よりもっと北を出発点として、もっと東北を周れていただろう。

ともあれ登山をし、鉱物採取をし、ドライブをし、温泉に入りと、この一週間の連休はとても良い休暇となった。

あぁ、働きたくない(´・ω・`)

福島県郡山市の鉱山

連休を利用してせっかく東北まで足を伸ばしたのだから、一箇所くらい東北の鉱山を見てみたい。

ということで、ポイントを決めて現地へ向かった。

 

周りは田んぼだらけの舗装された道から砂利道に入り、

 

次第に沢沿いの荒れた道となってくる。

しばらく進むと車が停められるくらいの広場があるので、そこに車を停めて

沢沿いの林道へ入っていく。

 

右に見える細い林道を歩いていく。

倒木があったり、崩落していたりと、道が荒れているのはいつものこと。

それよりも注意すべきは熊!!

熊鈴はつけているが、この日は風がとても強く、熊鈴の音は風の轟音で掻き消されているようだった。

手をパンパンと叩いたり、大きな声で咳払いをしたりと、自分の存在をアピールしながら進んだ。

 

小さな滝をいくつか越えていくと

 

広いガレ場に到着。

このあたりが採取ポイントらしい。

 

周りの岩には結晶が見られる。

 

奥は枯れ沢のようなガレ場が続いている。

もっと奥まで探索したかったが、1人での入山なので無茶はやめとく。

なにより風の轟音と熊への恐怖でさっさと退散したかった。

 

それでも小一時間ほどガレ場を探索してから現地を引き上げた。

あとになって思い返すと、道中の木々や岩には熊の爪痕らしきモノは全く見かけなかった。

あの辺りは熊の行動範囲ではなかったのか・・・?

 

しかしイノシシの罠はあったので、イノシシは出るのだろう。

熊もイノシシも遭遇したくない(;゙゚'ω゚')

 

坑道は発見できなかったが、東北の地を探索できて良い思い出になった。

熊への恐怖心で精神的にかなり疲れたけど...(ヽ'ω`)

東北旅行 その2 蔵王登山

奥只見から東京へ帰還し、自宅で一日休憩と次の準備をする。

ここからは気の済むまで連泊して東北を周る。

 

蔵王登山をするために再び東北道を通って東京から宮城県へ一気に移動する。

移動だけで4~5時間はかかるので、出発は昼過ぎで出て、ホテルで一泊。

 

夜が明けてホテルからの眺め。

森に霞がかかっているが、天気は快晴。

 

車で蔵王エコーラインからレストハウスに駐車して、そこから「馬の背」を歩き

熊野岳地蔵岳を往復するルート。

 

蔵王エコーラインからの眺め。

快晴でとても良い眺め。車を停めたくなるが、時間との勝負なので

もたもたしていられない。

 

午前9時頃、レストハウスに車を駐車して歩き始める。

すぐにお釜が見えてくる。

ここまでは観光地化されているので、登山以外の観光客も居る。

 

お釜を過ぎると登山ルートに入る。

一般の観光客と登山者の分け目。

ここを歩いて行くことに、何とも言えぬ優越感を感じる( ̄ー ̄)

「馬の背」を登り、中央に写っている避難小屋を目指す。

道中には道標があるが、倒れていたりするので地図無しだと道を見失いそう。

 

急斜面のガレ場を登り、避難小屋に到着。

 

 中にはストーブと毛布類が置いてあった。

 

蔵王は活火山なのて、噴火時の避難施設の地図が貼られていた。

小屋内の温度計では0度になっていたが、登り道の後だったので長袖Tシャツで十分だった。

 

紅葉した山々が見える。

 

 

避難小屋から歩いて熊野岳山頂へ。

 

風も無く無音の山頂。

景色を眺めていると吸い込まれそうな気分になる。

 

 

山頂には熊野神社があり、

 

避難小屋もある。

 

中では焚き火ができるようにされている。

小休憩し、地蔵岳を目指す。

 

熊野岳から下って、地蔵岳方面からの眺め。

復路はまたこれを登っていく・・・。

 

 

地蔵岳付近は途中から道が木材で整地されている。

 

地蔵岳で昼食を取り、三宝荒神山を目指す。

 

道中にはロープウェイの地蔵岳山頂駅があるので、車を使わなければ

ここからロープウェイで下る事ができる。

 

 

三宝荒神山からの眺め。

 

山頂から紅葉してグラデーションが掛かっている山々が衝撃的だった。

こんな景色を見てしまってはもう後戻りは出来ないだろう。

 

ここからは折り返し。

右手前の山が地蔵岳、左奥の山が熊野岳

ルートを戻り、駐車場のレストハウスを目指す。

 

往路では気づかなかった、避難小屋付近の「ロバの耳」への分岐点。

調べると「ロバの耳」を経由して、秘湯の「かもしか温泉」へ行けるようだ。

いつか登山レベルがもっと上がったら行ってみたい。

 

分岐点からのお釜。

目の前は断崖。砂地で坂になっており、滑り落ちたら終了だ・・・。

 

馬の耳を通ってレストハウスへ。

レストハウスから目と鼻の先なのでそのまま刈田岳へ。

 

写真にはうまいこと写っていないが観光客で賑わっていた。

平日だというに、紅葉シーズンのせいか観光客の多いこと。

 

駐車場も朝は10台ほどしか停まっていなかったのがこの有様。

 

購入してから初めて本格使用するeTrexは問題なく使用出来ている。

国土地理院の地図を利用して、登山ルートの確認もできるので

コイツは登山する上でとても便利。

 

平日だったので一般の観光客は多くても、登山者はまばらだった。

休憩諸々込みで往復に4時間だったのでまずまずのタイムではないだろうか。

これに奢らず、次の登山もしっかりと事前準備を行なってから挑みたい。

 

東北旅行 その1 奥只見湖の樹海ライン

10月中旬ごろ、一週間ほどの連休が取れたので、リフレッシュのため

車で東北を旅行してきた。

その記録を残しておこうと思う。

 

連休のまず初めは、福島県新潟県の県境にある奥只見湖 樹海ライン

(国道352号線)を走ることを目標に出発。

 一日では無理なので、まずは東京から栃木県の日光辺りを観光しつつ前泊する。

 

東京から東北道を経由して栃木県 日光の中禅寺湖

 

華厳の滝を眺め、

 

廃道マニアのヨッキれんさんが阻まれた扉を見て、

この扉の先にはあの過酷な道が続いているのかとニヤニヤしながら堪能し、

宿のある川治温泉で一泊。

朝から奥只見へ向けて出発。

 

樹海ラインを走るのは三度目。

1度目のときは激しい雷雨に合われ、景観や走りを楽しむ余裕も無く。

2度目のときは時間配分を誤り、奥只見に着いたのは日没後。

真っ暗な中、狭くて長い樹海ラインを走ることになり楽しむ余裕が無かった。

 

 

 樹海ライン沿いには鉱山の供養神社があり

 

 神社から奥の急な階段を降りて行くと

 

坑道がある。

なかは柵で閉鎖されていた。

 

坑道周辺には石英脈を含んだ岩がいくつかあった。

 

近くにある鉄塔からの長め。

木々がひらけているので見晴らしが良い。

 

一度撮ってみたかった鉄塔真下からの写真。

アートっぽい。

 

再び車を走らせ、狭い樹海ラインを進んでいく。

10月中旬では紅葉はまだ見頃とは言えなかった。

 

天気に恵まれ、悲願であった奥只見リベンジは悔いなく達成された。

このまま北上して次の目的地へ移動したかったが、同行者の友人を

帰す必要があったので一度東京へ帰還した。